戦国武将の愛刀・家紋 > スポンサー広告 > 三成に過ぎたるものと呼ばれた男「諫言の臣 島左近」

戦国武将の愛刀・家紋 > 真田幸村 > 三成に過ぎたるものと呼ばれた男「諫言の臣 島左近」

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田幸村

三成に過ぎたるものと呼ばれた男「諫言の臣 島左近」

島左近は、石田三成に仕えた戦国武将。

石田三成が、甲賀の水口城・四万石の城主になったとき、島左近に二万石を与えて家臣にした。

近江では「三成に過ぎたるものが二つあり、島の左近と佐和山の城」と謡われたという。



石田三成が佐和山城・十八万石の城主になったとき、島左近に加増しようとすると、「録はもう十分である。他の人に差し上げられよ。」と言って断った。



旧知の仲だった柳生宗矩に、「去年から家康を討つ機会が度々あったにも関わらず、それを逃した。すでに時を失いぬ。」と言ったという。
家康を討つなら早い段階で討つべきだったのに、三成にその勇気がなかった為に機を失い、すでに多くの武将が家康に傾いてしまった事を嘆いた。



豊臣恩顧の大名達が三成の批判をするようになると、島左近は三成に「理を非に曲げて、疎遠の武将たちにもへりくだり、遺恨のなきように親しむべきだ。」と諫言した。



島左近は、大阪城の天守閣で、秀吉の天下統一を喜び浮かれている三成の姿を見て、その帰り道で「ただ城下の繁栄に驕って、下々の憂苦を思わず、武具にのみ力を入れて城郭を構築しても、徳と礼儀がなければ甚だ危うい。」と諫言したが、三成はこの貴重な諫言を顧みる事がなく、結局は関ヶ原の合戦に破れ滅んでしまうのである。



島左近は、鬼左近と呼ばれて、関ヶ原の合戦では見事な戦いを見せたが、最後は敵陣深く攻め込んで、銃弾を受けて負傷。その後乱戦の中で討ち死にしたとされるが、結局遺骸は確認されなかった。



関ヶ原の合戦後、島左近の軍と激戦を演じた黒田長政は「横合いから味方が鉄砲を撃ち込んでくれなかったら、我らも左近の槍の餌食になっていた。」と語ったと言われる。

スポンサーサイト

<<室町幕府の初代将軍「足利尊氏」戦国武将の愛刀・家紋歴史に残る一の谷の戦い「弁慶を従えた牛若丸 源義経」>>

<<室町幕府の初代将軍「足利尊氏」戦国武将の愛刀・家紋歴史に残る一の谷の戦い「弁慶を従えた牛若丸 源義経」>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。