戦国武将の愛刀・家紋 > スポンサー広告 > 雷神の化身といわれた武神「大友の鬼 立花道雪」

戦国武将の愛刀・家紋 > 立花道雪 > 雷神の化身といわれた武神「大友の鬼 立花道雪」

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立花道雪

雷神の化身といわれた武神「大友の鬼 立花道雪」


雷神の化身といわれた武神
  「大友の鬼 立花道雪」



愛刀 “雷切”(らいきり)

愛馬 “戸次黒”(べっきぐろ)

家紋 “祇園守紋”(ぎおんまもりもん)


立花道雪


立花道雪は、若いときに落雷を受け、下半身不随になったと言われている。
この時、雷の中にいた雷神を斬り、その刀に雷切と名づけ
生涯傍らに置いていたという伝説もある。

下半身不随のため、輿に乗って指揮をとったが、窮地に陥れば
「我を敵の中に担ぎいれよ。命が欲しければ、その後で逃げよ。」
と下知していた為、立花道雪の軍は異常に強かった。

道雪は「武士に弱いものはいない。もし弱いものがいれば、
それは大将の責任である。」と常々語っていたと言う。

非常に部下思いの武将で、武功の無い武士がいると
「運不運が武功にはある。そなたが弱い者ではない事は、
我が見定めている。手柄を立てようと焦って討ち死になどしてはならん。
それは不忠である。この道雪はお前達を連れているからこそ
年老いても敵の真ん中に出て戦えるのだ。」と語りかけ、酒を酌み交わした。

客を招いての酒の席で部下が粗相をした際、「今、私の部下が失礼をしたが
この者は戦場では何人分もの働きをする。特に槍の扱いなどは当家一であろう」
と客に話し部下に恥をかかせなかったなど、この種の逸話には事欠かない人物である。

主君・大友宗麟が、飼っていた猿を家臣たちにけしかけて、面白がっていた。
宗麟が道雪に猿をけしかけると、道雪は持っていた鉄扇で猿を叩き殺し「
人を弄べば徳を失い、物を弄べば志を失う」と説教した。

「たとえ折檻を受けても、主人の過ちをただすのが臣たる者のつとめである。
自分の命は露ほども惜しくはない。それより主人が、世間の外聞を失う事が
無念である。」と言う言葉が、立花道雪覚書に記されている。


愛刀 “雷切”

木の陰で雨宿りしていた立花道雪を雷が襲った時、道雪は所持していた刀千鳥で
その雷(雷神)を切ったとされる。実際に切ったかどうかははっきりしていないが、
道雪は雷に打たれ半身不随になりながらも生きていたため、人々は道雪が雷を切った、
雷神を斬ったなどと噂したという。

この事件の後、道雪は千鳥の名を改め雷切としたといわれている。

なお、元の名は「千鳥」だが、徳大寺家に伝わっていたとされる
同名の刀とは無関係である。



愛馬 “戸次黒”

戸次家に伝わる名馬


家紋 “祇園守紋”
立花道雪 家紋

かつて祗園社、祗園天神と称した京都東山にある八坂神社のお守りの事。
原型はお札を入れた竹製の「筒守り」を松の枝に紐で結び、
歌を書いた短冊を下げたものである。やがて筒は呪符を表すx印に移行し、
神の霊力の誇示などから装飾が施され、祗園守が生まれたとされている。
スポンサーサイト

<<加藤清正戦国武将の愛刀・家紋母里太兵衛>>

<<加藤清正戦国武将の愛刀・家紋母里太兵衛>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。