戦国武将の愛刀・家紋 > スポンサー広告 > 母里太兵衛

戦国武将の愛刀・家紋 > 母里太兵衛 > 母里太兵衛

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母里太兵衛

母里太兵衛


大酒飲みで知られた武将
「黒田長政の名物家臣 
      母里太兵衛(もりたへえ)」



愛槍 “日本号”(にほんごう)




母里太兵衛


母里太兵衛の本名は但馬守友信、播磨姫路近郊の妻鹿(めが)出身で
黒田孝高(官兵衛)・長政親子に仕えた人物である。「黒田二十四騎」中の
「黒田八虎」の一人に数えられた勇将で槍術にすぐれ、
栗山備後守利安とともに黒田長政の先手左右の大将として、
朝鮮の役等数多くの合戦で活躍した。またその性格は豪放で、
主君に向かって数々の直言・強諫を残している豪傑型の武将である。


愛槍 “日本号”

この日本号という槍は、もとは正親町天皇の所有されていたもので、
信長、秀吉の手を経たのち正則が所有していた、正則自慢の天下の名槍である。

豪傑酒豪として知られている福島正則との飲み比べに勝ち、
約束通り秘蔵の名槍・日本号をもらったとされる。
 太兵衛はこの槍をかつぎ、黒田藩歌の「筑前今様」を吟じながら
」ゆうゆうと帰っていったという。
これが後に替え歌となり、現在謡われている「黒田節」に至る。




スポンサーサイト

<<雷神の化身といわれた武神「大友の鬼 立花道雪」戦国武将の愛刀・家紋八幡太郎義家>>

<<雷神の化身といわれた武神「大友の鬼 立花道雪」戦国武将の愛刀・家紋八幡太郎義家>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。