戦国武将の愛刀・家紋 > スポンサー広告 > 八幡太郎義家

戦国武将の愛刀・家紋 > 八幡太郎義家 > 八幡太郎義家

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八幡太郎義家

八幡太郎義家


「八幡太郎義家(はちまんたろうよしいえ)」



愛刀 “三池典太”(みいけてんた)


家紋 “向かい鳩”(むかいばと)



八幡太郎義家


八幡太郎義家(1039-1106)とは通称の呼び名で、本名は源義家
(みなもとのよしいえ)。鎮守府将軍頼義の長男として平安時代に生まれた。

父とともに1051年より前九年の役で戦い、陸奥の豪族安部貞任
(あべのさだとう)らを討ち、その功により従五位下出羽守に任ぜられた。

1083年、陸奥守兼鎮守府将軍(ちんじゅふしょうぐん)になった義家は
奥州清原氏の家督相続争いを 治めるために介入し(後三年の役)、これを平定。
ただしこの戦いは私闘とみなされ、義家は朝廷から功賞を得られなかった。
そこで私財を投じて部下たちをねぎらったと言われている。

奥州に向かう際、勿来の関(現いわき市勿来の関跡)で義家が詠んだ歌
吹く風を 勿来の関と 思へども
道もせに散る 山桜かな
は、千載集にも載っている有名な和歌である。

八幡太郎義家は文武両道でたくましい子供に育ってほしいとの願いを込めて
節句幟に描かれてきた。いわき絵のぼりの八幡太郎は、この勿来の関を
通過する際に歌を詠んだ場面が描かれてる。



愛刀 “三池典太”



家紋 “向かい鳩”

スポンサーサイト

<<母里太兵衛戦国武将の愛刀・家紋楠木正成>>

<<母里太兵衛戦国武将の愛刀・家紋楠木正成>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。