戦国武将の愛刀・家紋 > スポンサー広告 > 足利義輝

戦国武将の愛刀・家紋 > 足利義輝 > 足利義輝

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利義輝

足利義輝


「足利義輝(あしかがよしてる)」



愛刀 “大般若長光”(だいはんにゃながみつ)


家紋 “七つ割二引紋”



足利義輝


室町幕府第13代将軍。父は義晴,母は近衛尚通の娘。幼名菊幢丸。
天文15(1546)年12月,父義晴が三好長慶に追われて近江坂本に滞在中
同地で元服,将軍に任官した。初名義藤。その治政の大半は,
摂津守護代,次いで天下人となった長慶の台頭に押され,
彼との対立と和睦に明け暮れた。同19年東山中尾に築城して
京都をうかがい,翌々年1月入京するも同22年8月霊山の戦で
長慶に敗れ,永禄1(1558)年末に講和入京するまで近江朽木に
幽居を余儀なくされる。幽居中の居館秀隣院は名庭で知られる。
鉄砲技術の導入に意を用い,自ら撃剣を塚原卜伝に学んだと伝えられる。
また長慶打倒に暗殺団を組織して長慶の岳父遊佐長教を殺害するなど,
将軍権威の回復に執念を燃やした。帰京翌年には上杉景虎,斎藤義竜,
織田信長らを在京させ長慶を牽制,三好政権と小康を保つが同7年5月
長慶没後は三人衆と対立,翌年5月,京都武衛陣の仮御所で松永久秀らに
包囲され自刃した。


愛刀 “大般若長光”




家紋 “七つ割二引紋”
スポンサーサイト

<<楠木正成戦国武将の愛刀・家紋池田輝政>>

<<楠木正成戦国武将の愛刀・家紋池田輝政>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。