スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源義経

歴史に残る一の谷の戦い「弁慶を従えた牛若丸 源義経」


歴史に残る一の谷の戦い
「弁慶を従えた牛若丸 源義経」



愛刀 “薄緑”(うすみどり)
    “今剣”(いまのつるぎ)

愛馬 “太夫黒”(たゆうぐろ)

家紋 “竜胆紋”(りんどうもん)




源義経

九郎義経。1159年、源義朝の九男として母常磐御前との間に生まれる。
幼名は牛若。幼き頃に京都鞍馬山の鞍馬寺に預けられ、名を紗那王とされた。
やがて自分が源氏の一人であることを知り武術に熱を入れる。
このころ、夜な夜な寺を外出し五条大橋の上で武蔵坊弁慶と戦ったなどの伝説が残る。

後に鞍馬寺を脱出、奥州藤原秀衡の下へ向かう。奥州平泉で過ごした後、
義経は兄頼朝が挙兵したと聞き頼朝の下に駆けつけ、頼朝とともに平家と戦い勝利。
後の壇ノ浦の合戦では平家を滅亡させる原動力となる。

平家を一ノ谷合戦で破り検非違使の任官を受けるが、そのことで兄頼朝の怒りを買い
追討される。藤原秀衡を頼って奥州平泉に落ち延びるが藤原秀衡の死後、
嫡子泰衡により攻められて衣川館で自害。享年31歳だった。






愛刀 “薄緑”


 薄緑は,「平治物語」「平家物語」「源平盛衰記」「太平記」に,
源義経の刀として登場する。義経が牛若丸と名乗っていた時代に
熊野別当から受け継いだ刀で,義経は幾多の戦で薄緑を振るったとされている。
 
ちなみに薄緑という名は義経が付けたそうで,「平家物語」「剣巻」
を見ると次のような一文がある。「熊野より春の山分けて出でたり。
夏山は緑も深く,春ほ薄かるらん。されば春の山を分け出でたれば,
薄緑と名付けたり。この剣を得てより,日来は平家に随ひたりつる
山陰/山陽の輩,南海/西海の兵ども,源氏に付くこそ不思議なれ……」。
薄緑を授かった熊野の自然と,義経の感慨が読み取れるネーミングである。




愛刀 “今剣”


義経が自刃したときに使った短刀は,今剣(いまのつるぎ)と呼ばれる短刀だった。
製作者は小狐丸と同じ三条宗近。伝説の名工である。

 資料を調べると,今剣は最初から義経のものとして作られたわけではなく,
鞍馬山を祈願のために訪れた宗近が奉納していったものだそうだ。
奉納されたときは六尺五寸(約195センチ)もの刀で,今剣という名前は奉納時に
僧侶がつけたものらしい。経緯は不明だが,やがて今剣は義経のものとなり,
守り刀として義経の懐にあったという。あまりにも資料が少ないうえに,
今剣が現存していないのでなんともいえないが,奉納時は六尺五寸だった今剣は,
義経の最期では短刀になっているため,おそらく初期の太刀としての今剣は
なんらかの事情によって折れたか,当時の義経には大きすぎたため作り直されたと思われる。
しかし作り変えられたといっても宗近作の刀だっただけに,かなりの業物であったと推測できる。

 また注目したいのが,守り刀という点。今剣は戦場で振るうためではなく
義経を守護する,霊的(?)な刀として存在していたというのだから興味深い。
伝説の名工が鍛えて神仏に奉納したとすれば,確かに守り刀としてはうってつけである。
なにかしらの加護があってもよさそうだ。義経といえば壇ノ浦では船から船へと
飛び移って戦う八艘跳びや,一ノ谷では崖を駆け降りて敵陣を奇襲するなど,
当時の常識ではありえない戦略/戦術を駆使して戦ったことで有名だが,
源氏を勝利に導いた義経の功績の陰には,今剣の力が作用していたのかもしれない。

 最終的に義経は自害してしまったので,守り刀としての能力に疑問が残らなくもないが,
好意的に解釈するならば今剣が最期に守ったものは義経のプライドであったのかもしれない。


愛馬 “太夫黒”

日本史の中で最も有名な駿馬で、千厩産だったといわれる。
 治承四年(一一八〇年)、平氏追討を目指した兄・頼朝の挙兵を知った義経は、
平泉から鎌倉へと出発する。この際、藤原秀衡が、はなむけとして贈った
自身秘蔵の愛馬が太夫黒で、初めは「淡墨(うすずみ)」という名だった。

 この馬が歴史に残る働きを見せたのが「一の谷の戦い」。
世にいう鵯(ひよどり)越えの逆落としの場面である。人馬一体となった
奇襲戦術で名をはせた義経は、その後、検非違使(けびいし)少尉(判官(ほうがん))
に任官。同時に従五位下に叙せられ、黒毛の愛馬も位階の別称(太夫)から太夫黒と呼ばれた。





家紋“竜胆紋”

源氏一族の代表家紋とされ、源を名乗る武家が好んで使用した。
竜胆紋のプロトタイプは、三花五葉のもので、
葉が竹の笹に似ているところから笹竜胆とも呼ばれる。

リンドウ科の多年草で、秋深い高原に青紫の清楚な花を咲かせる。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。