戦国武将の愛刀・家紋 > 上杉謙信

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉謙信

毘沙門天の化身にして義を重んじる軍神 「越後の龍 上杉謙信」

毘沙門天の化身にして
        義を重んじる軍神
  「越後の龍 上杉謙信」



愛刀 “姫鶴一文字”(ひめづるいちもんじ)    
       “小豆長光”(あずきながみつ)

武具 “本小札色々威腹巻”
    (ほんこざねいろいろおどしはらまき)


愛馬 “放生月毛”(ほうしょうつきげ)

家紋 “竹に飛び雀/上杉笹” 




上杉謙信

 元の名は長尾景虎(ながお かげとら)。川中島の戦いでは
 武田信玄と5度にわたり対峠し、信玄と一騎打ちに及んだと
 伝わるほどの激戦であった。 紺地日の丸、白地に毘字の旗幟を
 なびかせて、北陸・信濃・関東に出陣を重ねた。
 また、敵対していた武田信玄が今川氏真(うじざね)によって塩を断たれた際、
 今川の行為を批判し、武田信玄に塩を送ったエピソードは有名で、
 「敵に塩を送る」という故事が生まれたといわれている。



愛刀 “姫鶴一文字”

 姫鶴と号のある一文字の太刀は、上杉謙信が常に帯用したと伝えられている。
 この一文字は典型的な福岡一文字派の作で、これには上杉家独特の
 鍔の無い打刀拵とな っており、現在は重量文化財に指定されている。


愛刀 “小豆長光”

 備前刀をこよなく愛した謙信秘蔵の刀の中で、伝説の一振りと云われる刀。
 みすぼらしい男が帯びた鞘の割れた刀に、背負った袋から落ちた小豆があたると、
 真っ二つに切れていくのを見かけた家臣が、謙信に献上したと云う。
 ちなみに、川中島の戦いで武田信玄の本陣に単騎で切り込んだ上杉謙信が、
 馬上から愛刀を振るい、それを信玄が軍配で受けるシーンがあるが、
 ここで振るわれた刀がこの小豆長光だと伝えられている。


武具 “本小札色々威腹巻”

  

 毛利元就 腹巻や 島津貴久 胴丸と同様、守護大名や関東管領の
 伝統を重んじた、色々威しの腹巻ではあるが、兜は鉄錆地の実践的な
 ものを使用し、又後に、直江兼続などにも受け継がれた特徴のある、
 二段シコロは、室町期の甲冑の防具としての不備を補う、無敗の
 戦国武将、上杉謙信の戦への探究心の表れではなかろうか、
 同時に、前立てにあしらわれた、飯綱権現が謙信の信仰心の深さを
 物語っている。


愛馬 “放生月毛”

 栗毛の名馬。。川中島の戦いにおける武田信玄との一騎打ちで
 騎乗していたと言われる。月毛とはクリーム色の事である。


家紋 “竹に飛び雀/上杉笹”
  

 この竹に雀の紋、大元は勧修寺(かしゅうじ)家という、藤原北家の
 一族の家紋。鎌倉はじめには使用されていた、元々は公家の家紋である。
 この勧修寺家の末裔でもある一族が、丹波国(京都北部)天田郡上杉庄を領し
 て上杉の姓を名乗る(もちろん、家紋は竹に雀のまま)。
 そして、この上杉家が関東管領として赴任し、戦国時代小田原の北条氏に圧迫
 され、関東から追い出された際に、元々は上杉家の守護代として越後を治めていた
 長尾景虎(家紋は巴九曜紋)に上杉の姓と関東管領の職を譲り、その後
 この長尾景虎は謙信と号し、上杉謙信になった。上杉姓を譲り受けた際に
 当然その家紋まで受け継いでおり、それが、上杉笹である。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。