戦国武将の愛刀・家紋 > 足利尊氏

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利尊氏

室町幕府の初代将軍「足利尊氏」

室町幕府の初代将軍「足利尊氏」

愛刀 “骨喰藤四郎”( ほねばみとうしろう)
家紋 “二引両紋”( にひきりょうもん) 



足利尊氏

(1305〜1358)室町幕府の初代将軍。はじめ高氏(たかうじ)といい,鎌倉幕府の
有力御家人だったが,後醍醐天皇が倒幕の兵をあげると,中途で天皇方につき,
1333年に ※六波羅探題(ろくはらたんだい)をほろぼして幕府をたおした。
建武の新政では軍功第一とされ,天皇の名「尊治(たかはる)」の一字を
あたえられて尊氏(たかうじ)とあらためた。しかし,武家政治の再興をくわだてて,
1336年に後醍醐天皇を吉野(奈良県)に追い(南朝),べつに光明天皇を皇位につけ(北朝),
1338年,征夷大将軍に任じられて,京都に幕府を開いた。

尊氏が新しい天皇をたてたことにより,以後,約60年あまりつづく南北朝の対立が始まった。


   ※【六波羅探題】(ろくはらたんだい)

       承久(の乱(1221年)ののち,鎌倉幕府*が京都の六波羅においた役職。
       朝廷・公家の監視と,尾張国 (のちに三河国,ともに愛知県)以西の
       行政・裁判・軍事にあたった。執権に次ぐ重要な職とされ,
       北条氏の一族が任命された。1333年,後醍醐天皇に味方した
       足利尊氏に攻められてほろびた。

       六波羅探題と同じく,朝廷監視を任務の1つとする
       京都所司代(きょうとしょしだい)は,江戸時代におかれた
       幕府の地方統制機関である。




愛刀 “骨喰藤四郎”

  粟田口吉光 作
 重く鋭く、骨をも溶かすほどの切れ味と称された剛刀。


家紋 “二引両紋”

引両紋は足利将軍家の代表家紋。
また、室町時代の豪族名家の代表家紋ともなっている。

足利将軍家の代表紋でもある引両紋は、横、竪に線を引いたシンプルな紋。
大将の所在を示した陣幕には多色の布を横に縫い合わせたものが使用されて
いましたが、のちにそれを円形に切り取りだした物を引両と呼んだ。

陣幕は反物を横に五枚つないでつくられており、二引両は1、3、5段目布を白、
2、4段目を黒にした陣幕がもとになったといわれている。

「二引両」は足利将軍家の他に一門である今川氏・吉良氏・畠山氏などが使用。
功のあった武将たちにも二つ引両紋が下賜された。

引両の「両」は古来より「龍」で、中国の周易からでていると考えられている。
横に一線を描いて龍にみたてた。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。