戦国武将の愛刀・家紋 > 浅井長政

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅井長政

織田信長の妹・お市を嫁にした男「北近江の覇者 浅井長政」

織田信長の妹・お市を嫁にした男
  「北近江の覇者 浅井長政」


愛刀 “浅井一文字 ”(あざいいちもんじ)

家紋 “三盛亀甲剣花菱”(みつもりきっこうけんはなびし)



浅井長政

南近江・六角氏に臣従する父久政を隠居させ、若くして近江・浅井家を継ぎ、
六角氏に敵対。来襲した倍する六角軍を野良田合戦にて撃破する。
その後、周辺国人を制圧しつつ六角氏、美濃・斎藤氏らと再三争った。
また、尾張・織田信長と、その妹市を娶って同盟を結び、これに協力する。
しかし、信長が浅井の同盟国越前・朝倉氏に無断で攻め込んだことから
反旗を翻した。姉川の合戦において数に勝る信長軍をあと一歩のところまで
苦しめるが、及ばず敗北。
最期は小谷城を囲まれ、妻と娘らを信長に託し、自害して果てた。

豊臣秀吉の側室・淀君(よどぎみ)の父。

なお、名字および所領地の「浅井」の読みは「あざい」が正しく、
「あさい」という読み方は誤りであると考えられてきたが、
最新の研究では、やはり「あさい」が正しいという学説もある。
 (宮島敬一著「浅井氏三代」参照)


愛刀 “浅井一文字”

浅井長政の佩刀。豊臣期には淀殿が父の形見として所有していた。
大坂落城後は尾張徳川家、将軍家、加賀前田家、柳沢吉保と伝わり、
明治期に日清戦争の戦勝記念として、当時所有者であった柳沢家の
旧臣から山県有朋へ贈られた。大正12年の関東大震災で焼失。




家紋 “三盛亀甲剣花菱”
浅井長政 家紋

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。