戦国武将の愛刀・家紋 > 真田幸村

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田幸村

三成に過ぎたるものと呼ばれた男「諫言の臣 島左近」

島左近は、石田三成に仕えた戦国武将。

石田三成が、甲賀の水口城・四万石の城主になったとき、島左近に二万石を与えて家臣にした。

近江では「三成に過ぎたるものが二つあり、島の左近と佐和山の城」と謡われたという。



石田三成が佐和山城・十八万石の城主になったとき、島左近に加増しようとすると、「録はもう十分である。他の人に差し上げられよ。」と言って断った。



旧知の仲だった柳生宗矩に、「去年から家康を討つ機会が度々あったにも関わらず、それを逃した。すでに時を失いぬ。」と言ったという。
家康を討つなら早い段階で討つべきだったのに、三成にその勇気がなかった為に機を失い、すでに多くの武将が家康に傾いてしまった事を嘆いた。



豊臣恩顧の大名達が三成の批判をするようになると、島左近は三成に「理を非に曲げて、疎遠の武将たちにもへりくだり、遺恨のなきように親しむべきだ。」と諫言した。



島左近は、大阪城の天守閣で、秀吉の天下統一を喜び浮かれている三成の姿を見て、その帰り道で「ただ城下の繁栄に驕って、下々の憂苦を思わず、武具にのみ力を入れて城郭を構築しても、徳と礼儀がなければ甚だ危うい。」と諫言したが、三成はこの貴重な諫言を顧みる事がなく、結局は関ヶ原の合戦に破れ滅んでしまうのである。



島左近は、鬼左近と呼ばれて、関ヶ原の合戦では見事な戦いを見せたが、最後は敵陣深く攻め込んで、銃弾を受けて負傷。その後乱戦の中で討ち死にしたとされるが、結局遺骸は確認されなかった。



関ヶ原の合戦後、島左近の軍と激戦を演じた黒田長政は「横合いから味方が鉄砲を撃ち込んでくれなかったら、我らも左近の槍の餌食になっていた。」と語ったと言われる。

スポンサーサイト

真田幸村

家康が最も恐れた男「日本一の兵(つわもの)真田幸村」

家康が最も恐れた男 
「日本一の兵(つわもの)真田幸村」



愛刀 “千子村正”(せんごむらまさ)

愛馬 “月影”

武具  “鹿角横立朱塗具足”
     (かづのよこだてしゅぬりぐそく)


家紋 “六文銭紋”




真田幸村

 本名は真田信繁(のぶしげ)。江戸期以降、講談や小説などで
 大敵徳川に挑む天才軍師真田幸村(さなだ ゆきむら)として取り上げられる。
 小笠原流礼法によると、幸村は「この世に客に来たと思え」と残しており、
 戦乱の世において命の尊さと儚さを美しく説いた人物であるとされている。
 幸村の召し抱えた真田十勇士として、猿飛佐助・霧隠才蔵・根津甚八・
 由利鎌之助・筧十蔵・三好清海入道・三好伊三入道・望月六郎・
 海野六郎・穴山小助がいる。





愛刀 “千子村正”

 徳川に仇なす妖刀村正として、史上最も有名な刀剣の一つ。
 村正の刀は徳川家康の祖父(清康)、父(宏忠)、妻(築山殿)の
 死に関わりがあったため、徳川家に不幸をもたらす刀として
 家康から忌み嫌われた。
 その一方で徳川家呪詛用の妖刀として愛用したものも多く、
 真田幸村もその一人である。


武具 “鹿角横立朱塗具足”




家紋 “六文銭紋”

 旗印であった六文銭は、死者を葬る際に三途の川の渡し賃として
 捧げた事で有名であり、仏法のために命を身命を捧げる事を
 惜しまない事が発祥という説が濃厚である。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。